読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

googleとtakkuso

takkusoがgoogleに入るまでの記録をしていきます

Best Book of this week【経営者には、幸せにするべき5人の人がいる】

今週の総括

人と会う機会を増やしていた分、
あまり読む時間が少なかった

最近夜起こされることが多く
睡眠不足で仕事をしたり
体のケアができていなかったので
疲れやすい体になっていて、
そんななか移動中とかも
できるだけ読書の時間に
充てていたのでわざわざ
自分から疲れる方法を選んでいた
なぁと反省した

やっぱり体は別人格と考えて
心がしっかり体をケアしてあげる
ことが大切だと感じ、
一刻も早く今の生活環境を変えようと
決意を新たにしたい。

経営者には、幸せにするべき5人の人がいる

★★★★★★★★☆☆[8/10]

美容業界でサロンを手がける
経営者の著作でとても
人間味のある経営哲学で好感が持てた

田坂広志さんの言葉で
「仕事の報酬は生きていく術を学ぶこと」
という言葉を引用していたが
僕も同感で、
それこそ仕事が人を成長させるので
小さな仕事をコツコツやってきた
人には大きな仕事が降ってきて
結果的に成長することができる
そういう意味で僕は
「仕事の報酬は(より大きな)仕事」
という言葉が大好きだ

また大久保寛司さんの
「基本的に人はかわらない。
もし変わるとしたら
『この人は私のことを
理解してくれているな』と
感じた瞬間しか、 他人のいうことを聞かない」
という言葉を引用していた

たしかにその通りで
僕の弟はとても頑固で
人はそれぞれ違うと言っている
くせに自分の意見ばかり主張して
相手の意見を尊重したり
理解していない
(すくなくとも理解しようと
していない)

話し振りこそ自慢げで
自論を振りかざしているように
見えるけどたいした理論でもなく
むしろ当たり前のことしか
はなさないので聞いているこっちが
つまらなくなってしまう

だからこそ説得しよう、
論破して考えを改めてもらおうと
思っていたがそれは僕のエゴで
弟に理解を示してあげるべきなのか
と思い知らされた

ほかにもサークル構成は
斜めの組織構造を作る、
終礼では嫌なことを
次の日まで引きずらない
ようにするために
いい話しかしない、
成果主義は勝者と敗者を
一緒にするのが問題だ、
勝者は素直に喜べないし
敗者は気まずいから

セニングはさみを5つ持つ
ロイヤルティマネジメント

田中角栄さんの話
100万円貸してくれという
友人に対して300万円あげた
100万円は返済に
100万円は迷惑をかけた人に謝罪に
100万円は予備として

ごまかしが効かない仲間を作る
幕賓(ばくひん)

親孝行ができて初めて
商売人のスタートラインに立てる

頑張って稼いで親においしいものを
食べさせたいとか、
いいところへ連れて行きたいとか、
親を楽させてあげたいとか

ファーストクラスのトイレはキレイ
一流は小さいところにも気が利き、
謙虚だということの表れ
土光さんはメモ帳に封筒などの
紙の何も書かれていないところを
切ったものを束ねて使っていた
悪いことをする人の所作じゃない

海馬―脳は疲れない (新潮文庫)

★★★★★☆☆☆☆☆[5/10]

結論から言えば面白かった

ただアマゾンのレビューがかなり
高かったので期待してみたが
対話式というのも読みづらかったし
あまり体系だっている理論書では
なかったので割とビギナー向け
だと感じた

前頭葉は人間らしさをもつ
海馬は生存するために必要で
感情を司る扁桃体からの刺激を
保存すべき情報かどうか
見極めて別の場所に保存するように
指令を出すような役割を持ってる

P92の進化論の話では
もし人類が同質的だったら
同じタイミングで毒をもつ致死性の
同じ食べ物を食べたら人類は全滅するよね
って話があってみんなが違うから
人間は生き延びることができたんだよ
っていう話はたのしかった

あとP208以降も
やる気を司る側坐核の話や
アセチルコリンの話、
睡眠の効果(レミネセンス)の話、
パーキンソン病やALS、
アルツハイマーてんかん患者の
脳の仕組みなどの話も楽しかった

君主論

★★★★★★★☆☆☆[7/10]
最近古典を読むように言われたので
その一環として買った

内容としては国を統べる君主
たる者の振る舞い方についてで
振る舞いというより国民を
どうやって統率したり支配するか
についての方法論を歴史を交えて
話を展開している

軍隊は傭兵や他国支援軍を
使うのではなく愛国心を持つ
国民軍が国を統治するのには
大切であるということ

また君主は自分の資産に関しては
ケチであるべきで
他から奪った資産に関しては
めっちゃ使いまくって
国民を満足させるべきだという
中世に執筆されたものながら
帝国主義的な発想がおもしろかった

ケチなのはいざというときに
国の助けになる
有事の時ほど国民は助かると
君主に忠誠を誓ってくれる
だから日頃から他人にケチだと
思われることを気にしてはいけない
ということだ

僕は社長など上に立つ者の役割は
社員に夢を見させる立ち振る舞いを
することだと思っていて、
今の社長はすごくケチなので
尊敬できないなと思ってたけど
有事のことがあったときは
助けてくれそうだなと思えたので
ちゃんと信じて頑張っていきたい
と感じた

Amazon Associates Programでクーポンもらった

Amazon Associates Programとは

Amazon Associates Programとは
アマゾンがやってるアフィリエイトプログラムだ

僕はAdsenseで月8万まで稼いだことがあるので
以前から知っていたがAdsense同様それほど
期待せずにこのブログでリンク貼ってた

とりあえず売るつもりでリンク貼ったというより
自分の好きなテーマでブログを書いているうちに
商品を紹介する機会があるのでそういう
タイミングがあれば欠かさず貼ってたって感じ

アフィリエイトっていうのはざっくりいうと
商品を紹介するときに自分専用のリンクを
アフィリエイトプログラムを実施している
サイトから発行してもらい、
ブログやメルマガとかに貼ってサイト誘導し
結果的に購買につながった場合その金額の
数パーセントが紹介者に入ってくるというもの

このサイトは2015年くらいから
外に発信するというより備忘録として
始めたんだけど半年前くらいから
書くこと自体を楽しみながら書いてきた

今一番アクセスがあるのが

takkuso.hatenablog.com

「おっさんっぽいビジネスバッグランキング」という
記事なんだけどAmazonはリンククリック後数ヶ月は
Cookieかなんかの情報が残っててその間にAmazon
購入された場合にも報酬が入る仕組みになってる(はず)

今回このAmazon Associates Programで
714円がクーポンとして贈られてきた

f:id:takkuso:20170324214257j:plain

途中で誰か別のアソシエイトリンクを
踏んで購入されると当然自分の
アソシエイトリンクが上書きされて
報酬はもらえなくなる

まぁ条件はみんな同じだから
要は量がものを言う理論で
ガンガンクリックしてもらって
少しでも自分のアソシエイトリンクを
Cookieに保存してもらうのがいい

そのためにはちゃんと読まれる記事を
書くのが必須条件となる

とはいえ僕の記事みたいに
自分の日常を書いたり
思ったことをとりとめもなく
書き連ねたりするだけでも
ちゃんとお金になるから安心

コツはとにかく商品を
紹介するような記事には
かかさずアフィリエイトリンクを
貼るのを忘れないこと

これだけで毎月の書籍代
くらいにはなるはず

ひと昔前まではブログは
ストックビジネスだって言われてて
一回書けば永遠にアクセスがあって
一日中その記事がお金を作ってくれる
とかって言われてたけど今は違う

googleは古い記事は容赦なく
ペナルティ与えてくるし
(おそらく目視ペナ)
ちょっとでもあくどいことを
やろうとするとサイト巡回ロボットが
ペナルティ点数を自動計算して
徐々にサイトの影響力を低くする

文章書くのが好きな人とか
その日学んだこととかをどこかに
メモしておきたいとかでない限り
ブログだけでサラリーマン並みに
稼ぐことはとても難しいから
(無理ではないしできる)
本気で稼ぎたいなら
休みの日にバイトしたほうがいいです

f:id:takkuso:20170324220948j:plain

f:id:takkuso:20170324222741j:plain

f:id:takkuso:20170324222751j:plain

f:id:takkuso:20170324222802j:plain

f:id:takkuso:20170324222810j:plain

こういうの一個売れたらそれだけで
万単位の収入になる笑

追記:本買った

f:id:takkuso:20170324224441j:plain

成功者ほど目に見えない力を信じて神社に参拝し願掛けを行う

成功者とは

僕は成功者になりたい
持論なのだが僕の思う成功とは
そもそも人それぞれその形が違う
という前提があるにしても、
「自由」になることだと思ってる

「不自由な人ほど自分が
不自由であることを知らない」
という言葉の通り、
不自由な人ほど自由でありたいと
思っている割にはやれ
お金がないから(できない)とか、
時間がないから(できない)とか
不自由なことの言い訳をして
自分のせいではないから仕方ない
と感じながら生きている

逆に自由である成功者は
簡単に言えばできない理由がない人

人生一度きりなんだから
お金や時間のせいでできない
ということをなくしたいと
本気で思っていてそのためには
努力を惜しまない人だ

そういう人は自由になるもっと前に
自分が不自由であることを認めて
その理由を外的要因にしたりしない

常に自分事として考えて
言い訳をしないから結果、
成功する事ができたのだと思う

そして真の意味で自由になった
成功者は自分のしたいことだけを
追求するためにお金や時間を使う

一見遊んでいるだけのように
見えるけどその遊びはお金や時間が
なければできないことが多く
ちゃんと自分の軸を持って生きている

不自由な人が妬みや嫉みを抱くのは
成功者が外的要因で恵まれているだけ
だと錯覚するからであって
並ならぬ努力をしていることが
見えていないからだ

とはいえそんな成功者でも
自分ではどうしようもできない場面に
出くわすことももちろんある

そんなとき成功者はどうしているのか

運も実力のうち

自分ではどうしようもできない場面に
出くわしたとき成功者はただ
手をこまねいているわけはない

成功者でググるとサジェスト(候補)に
神社って出てくるんだけど
成功者は目に見えないスピリチュアルな力を
信じている人が少なくない

f:id:takkuso:20170320124444j:plain

自分は精一杯の努力をしたんだけど
それでもどうしようもなくなったとき
あとはただ心を安らかにしてひたすら拝む

そういう最後の最後のところで
手を抜いている人ほど
目の前の成功を取りこぼしてしまう

成功者は運も実力のうちだと
ちゃんと信じてるから運を
引く寄せる努力も怠らない

努力といってもただ願うだけ
じゃないかと思う人はまだ2流

朝起きがけに1拝み、
出勤前に会社の近くの神社で1拝み、
お昼にも昼食の合間に1拝み

神社に行けば
神様の通り道である参道の真ん中を
歩かず、鳥居の前で会釈し、
柄杓で手と口を洗って身を清め、
鈴を鳴らしてお祓いをし、
神前で二拝二拍手一拝、
といった心がけもしかり、
その願いに見合うお賽銭も
惜しんではいけない
帰りまで神様は見ていることを
意識して気を抜いてはいけない

さらに願いが成就すれば
お礼参りをするのも忘れてはいけない

こうやって自分ではどうにもできないこと
も含めて運に委ねるための努力を
怠らないからこそ成功することができる

願掛けとルーティンの違い

最近上司との関係がうまくいっていない
という女性と話す機会があって
力になりたいと思っていろいろ調べてみた

以下は僕が送ったメッセージ


自分でどうしようもできないような
人間関係の場合、願掛けがおすすめだよ

逆に仕事みたいな自分でどうにかできる
ことはラグビー日本代表
五郎丸がやってたみたいな
プレ・パフォーマンス・ルーティン
を身につけるのがいいらしい

ただルーティンの場合は
3年とかかけて習得するらしいから
早いうちに意識して
やってみるといいかもね

いい機会だからいろいろ
調べてみたんだけど
神社が近くになくても
願掛けする方法は2つあったよ

1つは何かを断つこと

お願い事を叶えて貰う代わりに
神様に生贄(代償)を捧げます
っていう意思表示をするってことらしい

もう一つは自宅から会社の方角に
向かってお祈りするってこと

僕は今日1日トラブルがありませんように
ってお祈りすることがあるけど
そういうのでいいんじゃないかな
あの人に何も言われませんようにとか
具体的すぎると意識しすぎちゃうから
今日1日平和でありますようにとか、
心が穏やかでありますようにとか
漠然としてて全然いいと思う

お役に立てば!
プライベートも充実させられればいいね^^
がんばって!!


昔は拠り所があることっていいよなぁ
くらいにしか思っていなかったけど
自由になって人に夢を与えたいとか、
幸せに生きたいとか思うようになってから
かなり自分の考え方が変わって嬉しい

日々成長!

ワクワクを伝える!!

Best Book of this week【稼げるコンサルタント 稼げないコンサルタント】

ホセ・ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領 (角川文庫)

★★★★☆☆☆☆☆☆[4/10]

自叙伝的なものを期待していたけど
ホセ・ムヒカの一生を時系列で
紹介していたので人物名とか
地名を覚えるのだけで疲れてしまった

一応はホセ・ムヒカ自身の言葉を
引用している部分もあったので
人となりはわかったが
地名とか人名をもっと少なくしたら
よりホセ・ムヒカの人格が
わかったのではと思った

ゲリラとしての生き方が
大統領という一般大衆とほど遠い
存在を身近なものにした
というと言葉足らずな気がするが
普通の大統領と違うエピソードが
多く質素に生きている自分と
重ね合わせて政治家は自分に
合っているのではないかと
感じさせられた

仕事も恋もがけっぷち!29歳OLが永遠に続く幸せを手に入れたシンプルな習慣

★★★★☆☆☆☆☆☆[4/10]

30歳直前で婚約破棄された
女性の物語だがフィクション感が
満載すぎて感情移入できなかった

そもそも男だし

僕は成功哲学の本を読むのが
好きなのでそれほど新しい
情報はなかったけど
読み物として読めてかつ
成功哲学がわかりやすく
書いてあるという点ではおすすめ

特に仕事よりも恋愛の方に
寄ったストーリーなので
女性でも読みやすく
人としてどう生きるのが
幸せかということを
学べる本だと思った

たとえば
- やらないことを決める
- 人を変えるのではなく自分が変わる
- いい人をやめる
- いつもと違うことをやる
などの成功哲学で重要なことが
書いてあった

面白かったのは 「体毛には陰と陽がある
髪を長くすればするほど陰に近づき、
女性的になる」
ということがわかったこと

僕は個人的には
いわゆる普通の成功哲学の本
の方が好きだけど
女性で 最近うまくいってないな〜とか
もやもやしてたり
負のオーラが滞留してる気がする
人にはおすすめ

BQ〜次代を生き抜く新しい能力〜

★★★★★★★★☆☆[8/10]

ビジネススキルの話で、
IQ(知性)→EQ(人間性)→SQ(感性)→BQ(ビジネス感覚)と時代を追って
必要とされるスキルが
変わってきているという話だった

サプライズが大切 期待を頭一つ超える工夫を
することがサプライズであって
人々に印象を与えることができる

クレジットカード業界は
ポイントが失効して喜ぶ慣習があるが
本来は顧客満足度の低下を招くため
嘆くべきとしたのがセゾン

業界を変えるポイントを
永久不滅にして後発ながら
クレジットカードの利用額シェア?で
No1を獲得したらしい

これはまじで大切で
チャレンジを受け入れる風土が
あった企業の勝利と言える

稼げるコンサルタント 稼げないコンサルタント

★★★★★★★★★☆[9/10]

大学生のときに出会った人をふと思い出して
Amazonで検索してみたらKindle Unlimitedで
読めることがわかり読んだ

当時ダイエットのやり方に関して
かなり感動して凄い人だなと思ったが
そのことをずっと忘れていた

改めて読んでみたら同じことが
書いてあってとても懐かしく感じた

この本では稼げるコンサルタント
なるためには
「業種や業態、規模に関係なく」
コンサル業務をこなせるように
ならないといけないといい、
その理由は
- その場限りのトレンドや流行の情報を
切り売りするのはいづれ情報が枯渇する

  • 専業のコンサルになると地域で2つと
    同じ業界のクライアントを持てない
    (不毛な競争を促すから)

  • 専業だと時代の流れにもろに
    打撃を受ける

からだと言う。

生産性の指標

タイムパフォーマンス

マンパフォーマンス

スペースパフォーマンス

コストパフォーマンス

勝つべくして勝つ

コンサルタントにとって
実績は大きなアピールポイント

勝つためには勝てると思う
クライアントをコンサル
することがとても大切である

勝てるクライアントを探すコツは
- 素直
- 勉強好き
- プラス発想
であるクライアントだということ

マーケティングの11のキーワード

  • 誰が
  • なぜ
  • 何を
  • 誰に
  • 誰のために
  • 誰と
  • いくらで
  • いくつ
  • どこで
  • どのように
  • いつからいつまで

稼げるコンサルタント
自分の価値観が明確である

成功の7つのプロセス

  1. 明確な理想がある(理想)
  2. 正確な現状を把握する(現状)
  3. 適切な期限を設けている(期限)
  4. 定期的な確認をしている(確認)
  5. 表面的な目的、目標を持っている(目的)
    6.本当の目的、目標を持っている(目標)
  6. 強い動機がある(動機)

すごく痩せたい < 48キロになりたい
48キロになりたい(現状何キロかわからない) < 48キロになりたい(現状何キロかわかっている)
48キロになりたい(現状何キロかわかっている) < 3ヶ月後に48キロになりたい(現状把握している)
3ヶ月後に48キロになりたい(現状把握している) < 3ヶ月後に48キロになるべく1ヶ月ごとに確認している
3ヶ月後に48キロになるべく1ヶ月ごとに確認している < 青いドレスを着るためにダイエットしている
青いドレスを着るためにダイエットしている < かわいいと言われるためにダイエットをしている
かわいいと言われるためにダイエットをしている < 3ヶ月後のあのパーティで青いドレスを着てかっこいい人に声をかけられて彼にしたい

無駄に生きるな、熱く死ね

★★★★★★☆☆☆☆[6/10]

最近出会った知り合いにオススメされた本
この作者は台湾生まれで日本にやってきて
苦労しながらもユニークな葬儀屋を作った
人でその熱意の強さを感じた

本の分量自体は
本を読まない人のための出版社という
キャッチコピーの出版社らしく
それほど分量もなく画像が多くて
読むのにそれほど時間はかからなかった

方法論的な話は少なく
どちらかというとエッセイとか
情熱論といった感じだったので
期待していたのとは違ったという意味で
それほど印象には残らなかった

北朝鮮に関して人々が知らない10のこと

www.higherperspectives.com

原文は「10 SHOCKING Facts You Never Knew About North Korea」という記事

北朝鮮から脱北した女性によるスピーチ

facebookのタイムラインで流れてきて
とても上手な発音の英語でスピーチをしていた
のが印象的だったので原文を読んでみた

紹介している10の知らないことというのは以下の通り

1.Without oil, they’ve turned to wood-powered cars.
石油がなく、木由来のガスを燃料とした車を使っている

2.The country’s widespread poverty is even visible from space.
宇宙からでさえ、この国の広範囲の貧困は目に見える

stunt
発育を妨げる

as should be obvious from the image above.
上記のイメージで想像つくのは明らかであるが

Most homes receive just a few hours of electricity a day, if any / at all.
a few ~ at all => たった〜しかない + if any => たとえあったとしても
ほとんどの家庭ではたとえあったとしても
1日に2,3時間の電力しか供給されない

3.North Korea has no laws regarding Marijuana.
北朝鮮にはマリファナに関する法律がない

hesitate to say
言いにくいのだが

4.North Korea operates concentration camps.
北朝鮮は収容所を運営している

horrid relic
負の遺産

intern
収容する

5.Children must attend school, but at a cost.
子どもたちは学校に有償で通わなければいけない

mandate
権限を与える

6.It’s the year 105 in North Korea.
今年は北朝鮮では金日成生誕105周年ということ

7.North Korea holds elections.
北朝鮮は選挙を占有している

8.North Korea will punish you for three generations.
北朝鮮は3世代にわたって罰する

on the hook
困難な立場に置かれて、厄介なことに巻き込まれて

9.Kim Il-Sung is their only true leader.
金日成が彼らの唯一の真実のリーダーである

rein
手綱、統制

10.The newest leader, Kim Jong Un, is an eccentric, brutal dictator.
新しいリーダーたる金正恩はエキセントリックで残忍な独裁者である

mortar rounds
臼砲(きゆうほう), 迫撃砲の演習

vile
下劣な、不道徳な、恥ずべき、卑劣な、汚い、下品な、ひどい、いやな、不愉快な

kleptocracy
抑制欠如政治

instigate
扇動する

【TEDで英語を学ぶvol.2】エイミー・カディ 「ボディランゲージが人を作る」

posture
姿勢、ポーズ、姿勢、態度、状態、形勢

give it away
やめる、諦める、秘密を漏らす

audit
会計検査、(会社などの)監査、(問題の)審査

auditorium

hunching
〈背などを〉弓なりに曲げる

tweak
つねる、微調整する

unfolds
開く、明らかにする、表明する

fastinated
魅了された

awkward
ぎこちない

valid
根拠の確実な、確かな、正当な、妥当な、有効な、効力のある、効果的な

contemptuous glance
軽蔑的な眼差し

nonverbal
非言語的な

sweep
掃除する

their judgments of the physician’s niceness predict whether or not that physician will be sued.
精神科医の人の良さの判断でその精神科医が訴えられるかどうか予測することができる

predict
予言する

sue
訴える

incompetent
無能な、役に立たない

dramatic
戯曲の、演劇の、劇的な、めざましい、芝居がかった、表情豊かな

candidate
(…の)候補者、(…の)志願者、多分(…に)なりそうな人

gubernatorial
(州)知事の

emoticon
顔文字

outcome
結果、成果

physiology
生理、生理機能

inevitable
逃げられない、免れられない

dominance
優越、支配、優勢

primate
ラテン語「第一位の」の意から
大主教、霊長類

chronically
慢性的に

count for
物を言う、価値がある、値打ちがある

grade
成績、斜面

congenetively
=Congenitally
先天的に, 先天性に

chin
あご

bump
衝突、バタン、ドスン、こぶ、(道路などの)隆起、(飛行機を動揺させる)悪気流、突風

complement
補足物、(完全にするのに必要な)全数、乗組定員、補語、余数、余角、余弧

caricature
風刺画

alpha
初めの

virtually
事実上、ほとんど

exhibit
展示する、陳列する、示す、表わす

collapse
崩壊する

struggle もがく、努力する

attributable 起因しうる

can you fake it till you make it?
できるようになるまで真似できるか?
→真似すればできるようになるか?

outcome
結果

physiologically
生理的に

assertive
断言的な、独断的な

abstractly
抽象的に

testosterone
テストステロン(男性ホルモン)

dominant
支配的な

cortisol
コルチゾール

laid back
くつろいだ、リラックスした

at the facial level
表面的なレベルで

intervention
介入、干渉

run a experiment
実験をする

adopt
適用する、養子にする
adapt 順応する、慣れる

dub
(国王が剣で肩を叩いて)名誉を授ける
転じて、称する、さらに転じてダビングする

prime
前もって教え込む,入れ知恵する

saliva
唾液、つば

whopping
大きな

configure
形成する、設定する、設計する

evaluative
値踏みされる(価値化できる)

evaluate
評価する

give a pitch
売り込みをする、プレゼンする

the one that most people could relate to because most people had been through was the job interview. 多くの人が経験するので、関係すると思われるものは面接です

the media are all over it
メディアが全面的にそれを取り上げる

heckle
質問攻めする

quicksand
流砂

spike
急増する

we rate them on all these variables related to competence.
私たちは彼らを競争力に関係する変数から評価する

hypothesis
仮説

residue
残留

They bring their ideas, but as themselves, with no residue over them.
よくわからんw

I’m taken / out of college. 大学を出ることに取りつかれる(執着する)

fraud
詐欺

resonate
鳴り響く、響き渡る

impostor
詐欺師、ペテン師

impost 賦課税

rehab ward
リハビリ塔

out-of-body experience
幽体離脱するような経験

deviation
偏差

internalize
自分のものにする

tiny tweaks can lead to big changes.
ニール・アームストロング
“That’s one small step for [a] man, one giant leap for mankind.”
をもじった?

Configure the brains to cope the best in that situation.
そのシチュエーションでベストをつくせるよう脳を書き換えよう

give it away
人に与えよう

make a pitch

petition
嘆願する

repatriation
本国への送還

delegate
権限を委任する
移譲する

自分の人生の成功者になるための心得

年商12億の人の話を聞きに行った話

今年のテーマは人と会うこと
最近とある人に出会って
講演会に出ないかと誘われたので
二つ返事で参加させてもらうことにした。

もちろん怪しさはなかった
とは言わないけど今のところはなくて
結果的に行ってよかったと思う。

今までそういう行ってもいないのに
先入観で多くのチャンスを
逃していたなと改めて思った。

怪しいと思ったら相手の時間も
あるしお互いのために
先にちゃんと聞くようにして 不安は解消してからいけばいいし
どんどん人に会っていこうと思った。

とはいえ観光地で話しかけれらる
人はみんな詐欺師だと思え
なんて言葉もあるので誘われた
人との出会いよりも自分から
積極的に会いに行くアクションを
なるべく取っていきたいと思った。

人生は選択

早速その人の話から
僕が印象に残った部分を抜粋したい。

まず今日この講演会に
自分で来ることを選択した理由を
教えて欲しいと言われた

僕の場合、誘われたから
という理由以外に今年は人と会う
という選択をしてここに来たのだが
何を目的としてきたのかとか
そういう細かいところは
自分の管理外だったので反省した

誘われると断れないという
自分の弱さもあったと思うし
それが原因でこの講演で何を学ぼうか
という目的意識も低くなってしまう と感じた

そして人生は選択の連続であって
自分のなかに選択の基準を持つことが大切
であるということを教えてもらった

モチベーション維持の方法はない

その人によれば
どんなにすごい人でもモチベーションが
高い状態を維持し続けることはないという。

その状態は体にとっては
体温が上昇し、心拍数が上がり、
瞳孔が開いていて、
アドレナリンが出続けている
状態だから体がその状態を
維持するということは
体にとって負担であり
危険信号だからだと言っていた。

ではモチベーションを維持できないのに
ちゃんと成果を出す人と出せない人の
違いは何かというと、 成果を出す人はモチベーションが
低い時にちゃんと自分のなかに
基準をもって(気分ではなく)
その基準に従って行動できる人らしい。

## 鬱も選択である

講演会にきた理由も、
モチベーションが維持できなくても
成果を出せる理由も、
自分で作った基準に従って
選択していくのが大切だということを
おしえてもらったわけだけど
実は鬱も最新の科学では
鬱になりたいという願望が
そうさせているのだという

こういうと鬱で本当に
苦しんでいる人には申し訳ないのだが
という前置きをしつつ、
会社員の方であればこれ以上
会社に行くのは体がおかしくなる、
自律神経が乱れてしまう
といった体や心の正常な反応が
休んだ方がいいという判断をして
実際にそういう症状に現れる
のだそうだ

したがって鬱も自分で選択して
そうなっているのであり
それは別にその人が悪いという
ことではなくて体や心の本音
なのだということを認めて
あげることが大事だよってこと

どうしても鬱というと
自分が悪いのではないかと
なかなか立ち直れない人も
いるかもしれないけど
そんなことはなくて
自分の体や心の正常な反応であるし
そういう反応ができる自体
体や心は健康そのものなんだよ
っていうことを理解すると
前向きになれるかもしれないね

人生は逆算

あみだくじを絶対に当てる
方法はないけど
結果的に当たりの人が
誰かを知るためには
当たりからたどることをする

人生もそうやって
自分の当たりをまず決めて
逆算することが人生を自分のものに
する方法なんだ

好きか嫌いかではなくて
選ぶ価値があるか価値が無いか 価値があると感じたら
逆算することが大切だということ

やりたいかやりたくないかではなく
やる価値があるかないかという基準を
持つということが大切だということだ

実はその辺世の中うまくできていて
やる価値がないことが一番楽なんだそう

成果主義とは言うけど結果主義とは言わない

成果主義についての話もおもしろかった

結果→何かしてもしなくても結果は訪れる
成果→意図して作り出した+の結果

成果はプラスの結果なので
マイナスであれば必然的に結果になるし
(僕は絶対の失敗はないと思うけど)
意図せずしてプラスの結果が出れば
それも単なる結果である

思った結果通りにことがうまくいくことが
成果であり、結果オーライの結果は
単なる結果だということだ

意図した結果=成果を出すためには

  1. ゴールを決める
  2. 師匠を決める
  3. 取れるリスクはとる
  4. (背伸びした)約束を守る
  5. 人のせいにしない

ゴールを決める大切さは
そこにゴールがあれば逆算して
今何をしないといけないのかが
明確になり選択の基準が決まるから

やらないことを決めるのが大切と
多くの成功哲学書に書いてあるけど
本当にこれは大事で
行動基準が自分にはない
というのは一回しかない
自分の人生を他人に
握られてしまうことになるからだ

そして師匠を決めるということ

これはダイヤはダイヤでしか
磨けないのと同様に
人は人でしか磨けないから

守破離の思想ではないけど
まずは自分が選んだゴールに
達している人や近い人に弟子に
してもらいとにかく真似から始める

いくらコピーしようとしても
その人なりのくせや個性
というのは消すことは
できないので怖がる必要はない おのずと自分らしさが現れてくる

次に取れるリスクは取るということ

この辺はなんて言ってたか忘れたけど
成功哲学にもよく書いてあることだから
あえていう必要はないかも

何もしないことが安定ということは
世界が変わっている以上ありえないし
世界が成長しているならそれと
同じくらい成長して初めて
相対的に何もしていないことになる

本当の意味で何もしていないのは
すなわち退化なのだ

雑談

リスクを取る話で
福知山線の事故のこと
飛行機の事故率の低さ
でも飛行機が空を飛ぶ理由は
いまだにわかっていない

アリエッティの世界 水が粘性を持っている ミクロの世界では
こういうことがありえる

空気にも粘性がある 航空力学ではなく物理学でいうと
熊蜂は空気をよじ登っている

熊蜂と飛行機はまた
違う話かもしれないけど
原理がわかっていないからといって
むやみにリスクを回避するのは
ナンセンスであって
そういう自分から選べない
リスクを怖がらずに
選べるリスクを積極的に
取っていこう

取れるリスクの範囲でリスクをとる というのが大切だ

今転職したら年収が下がって
幸せになれないんじゃないか
という不安を抱えているから
取れるリスクを取ろうとしない

成功は健全な代償の先払い

元彼ににてる→あなたには興味無い
元カノに似てる→あなたを口説けると思ってる

まとめ

成功というとお金持ちになるとか
大きな地位を得るとか
そういうことを想像しがちだけど
満足のいく人生を送ることが
成功したという自負につながるし
人と比較しない成功体験を積み重ねる
のってとても大切だと思う

そういう意味で今回参加した
講演会で学んだことは大きかった

  • ゴールを決めて逆算する
  • すると行動の基準が決まる
  • その基準で選択し結果に責任を持つ
  • 人のせいにしたり言い訳しない
  • ときにはリスクを取ってみる

日々成長だな〜
人生は楽しい!