たくろぐ!

仕事はエンジニア、心はアーティスト

ワイルドターキー8年を飲みました

まいどどうも、僕です。

今日はバーボンです。

バーボンはアメリケンタッキー州で作られるウイスキーです。

ジャックダニエルテネシー州なのでバーボンではなく、アメリカンウイスキーとなります。

さてスコッチと名乗るにも法律があって、熟成年数だとか、アルコール度数だとか、

細かい制約があるのは以前話した通りです。

バーボンも同じです。

そんなバーボンでもぼくが特にコスパが高いと思っているのが、

このワイルドターキー8年です。

最近ウイスキーメーカーではノンエイジと言って年数表記がない、

若いウイスキーを販売していますがやはり熟成年数が高いウイスキーのほうが

角が取れていておいしいと思います。

そしてこのワイルドターキーは50.5%と割と高めのアルコール度数というのもあり、

だいぶお酒感が強いです。

普段ウイスキーハイボールだけ、という人も少なくないと思いますが、

そのような人がこちらをストレートを飲むとウッとなるかもしれませんね。

味のほうはバーボンらしくとても濃厚で、舌にのせるとすぐに気化してもわっと感じます。

甘さの中にちょっとしたほろ苦さを感じるような味わいです。

はちみつとダークチョコレートが混ざったような香りが鼻に抜けます。

まさにザ・バーボンウイスキーという感じ!

ちなみにこちらの原料はモルトとグレーンで、分類上はブレンデッドになりますね。

バーボンのグレーン(穀類)というと、スコッチの小麦と違って(諸説ある)、

トウモロコシやライが多く、バーボンは51%以上のトウモロコシが使われています。

日本では原料表記は多いもの順となっていた気がしますが、ワイルドターキーはモルト→グレーンの順なので

ちょっと謎ですね。

ライ51%以上のライウイスキーアメリカ、カナダでは有名です。

ノブクリークとかですね。

ワイルドターキー8年はバーボンの王道にして最強。

次はカスクストレングスか、13年を飲んでみたくなりました。

ではまた!