たくろぐ!

仕事はエンジニア、心はアーティスト

優秀なエンジニアを採用するためにWantedlyの「8つの虎の巻」をまとめてみた

はじめに

最速!ウォンテッドリー採用「8つの虎の巻」シリーズを実際にやってみた

www.wantedly.com

第一の巻 「ウォンテッドリーで採用を成功させる企業だけが知っていること」

「報酬」のことよりも「何ができるか」を書く

「登録者が興味を持つ募集」を書けばマッチングすることができる

募集を書く→応援→応募を受け取る

第二の巻 60分で効率よく募集を書く方法

写真(工数:10分)

題名(工数:10分)

仕事のこと(工数:20分)

会社のこと(工数:20分)

第三の巻 応援をしないとPVが上がらない理由

自分で書いた募集記事を応援して、Facebookで拡散

社内の人に応援を依頼する

第四の巻 ウォンテッドリー上での実力を把握せずに走っていませんか?

書いた募集のPVを確認はアナリティクスページで

400PV獲得のために今すぐできること

第五の巻 ウォンテッドリー採用で結果を出すために一人でやるべきこと

2週間に1度は、新しい募集記事を書く

第六の巻 ウォンテッドリー採用で必ず社内の人に協力してもらうべき2つのこと

社内の方にFacebook連携したウォンテッドリーアカウントを作成してもらう

御社の社員として招待する

プロフィールの紹介文を書いていただく

第七の巻 ウォンテッドリーで応募を10件獲得するためにできるたった1つのこと

募集を正しく3つ出すこと

第八の巻 企業がランキング30位に入るための必須条件

1つの募集が1週間で1000PV獲得すれば、ランキング30以内に入る

おおよそ新規で募集を作成すると、平均して250ほどのPV、そして、1つの応援で15PVほど稼ぐことができる

まとめ

僕のなかで腹落ちしたところは以下

  • Wantedlyリファラル採用を推している
  • マーケットは社員のFacebook上の友達、新規ユーザー
  • ターゲットは社員のFacebook上の友達
  • 新規ユーザーは認知度向上レベルくらいの成果
  • 記事自体は初回60分、その次からは20分くらいで書ける
  • 投稿頻度は2週間に1回程度が最低ライン(僕の解釈では出せばいいということではない)
  • 応援は1人1日1回できる
  • コンテンツ(写真やタイトル)が重要
  • 400PVに1人の応募

その他

以下は他社事例を聞いたり、自分で考察したものを含みます。

プランについて

35,000円から利用でき、このプランの場合、スカウトはできない。
企業ページ作成、フィード、募集記事作成のみ。

画像、タイトルについて

インパクト重視でOK
キャッチコピー一つで成果が大きく変わることもある。
社内の人の写真を入れた方が成果が高い。

フィードについて

社員インタビュー形式が成果が高い。

ストーリー(=フィード)
100PV〜150PVは安定してアクセスが望める。

フィードの最後に募集記事を載せる。

起業情報を削除する(こんなことやります)

交互に募集とフィードを出す。

投稿時間

本来はピークタイムの21時前後が一番アクセスがあるはず。
だが平日の朝に投稿するのが一番成果が高いらしい(他社がやってないから?)。
募集は11:00〜、18:00〜、20:00〜みたいな感じでやってる。

返信率は19時以降が多い。
したがってお昼に投稿するのもOK。

相談会

オフィス見学会や座談会、勉強会などカジュアルに参加できるものを開催する。

Wantedly運用の外注について

Wantedlyでは運用を外部の会社に委託できる。

例えば応募者とのやりとりをしてくれたり、効果測定をしてくれたりするらしい。