たくろぐ!

仕事はエンジニア、心はアーティスト

新宿駅でPC1台だけで疲れを残さずなるべく安く朝まで過ごす方法

始めに

  • 体に無理をさせずに朝まで過ごす

絶対条件として次に疲れを残さないことを念頭にやってみた

実際の手順

20:30-23:30 珈琲西武
珈琲西武は昔ながらの純喫茶で、アイスコーヒーが税込650円と電源カフェにおいてはかなり安い。
チェーン店では歌舞伎町ドトールに劣るが、23:30まで作業できるので長時間滞在をするならここはあり。
ただし分煙されていないので非喫煙者はおすすめしない。
代替案としては珈琲貴族エジンバラ(非分煙)やコメダ珈琲店 ドン・キホーテ新宿店(禁煙)がいい。
ちなみに大久保には万年湯という最強の銭湯があり、朝まで寝ないで作業するには万年湯→コメダが最強。
今回は平日で翌日も仕事だったためネットカフェで一夜を過ごすことにした。

24:00~26:00 Booth

とてもきれいで2hで税込500円というかなり優秀なネットカフェ。
横柄な客や見るからにDQNみたいな客層もおらず素晴らしかった。
そして何と言っても電源が2口取れたのでかなりありがたかった。

26:30~8:30 ゲラゲラ

まぁ有名なネットカフェ。
8時間税込1,425円、シャワーを使っても(+313円)1,738円と新宿最安値。
汚いが安いし、席が埋まることが少ない。
鉄板で泊まれるから新宿で終電を逃してもいいやという安心感を与えてくれる。

実際の作業時間

実働としては

  • 珈琲西武 1.5h

  • Booth 1.5h

  • ゲラゲラ 1h

合計4h

だった。

十分な電源環境がない問題

Macで作業できることを第一に考えていたので少なくともMacWi-Fiの充電が必要だった。
しかし問題があった。

そりゃそうだろうよって話なんだが、カフェやネットカフェもビジネスだから大したことはないとはいえ、電源を取られるのはなるべく避けたい。
ただそれを求めてやってくる客に対して商売をしていることが差別化に繋がるから、1個だけは席に用意しているというカフェが多かった(1席に1つしか電源ない問題)。
やはり電源を取られると電気代が上がるのか、新宿のスタバでも電源が取れなくなった席が増えたり、そもそも店舗に3,4席しか電源が取れないのが当たり前になっている。

それでも優秀だと感じたのは、歌舞伎町のドンキすぐにあるネットカフェBooth。
今回利用したのがオープン席で2時間500円というパックだったのだが、目の前に2口コンセントがあって、MacWi-Fi同時に充電できてよかった。
ただWi-Fiに関しては、2時間で完全に充電できなかったので次に行ったゲラゲラで全部充電が完了するまで行った。

www.booth-netcafe.com

もし0時までにちゃんと充電したいのであれば、割高だがカフィスをおすすめする。

caffice.jp

作業するにはまさにうってつけだし、1席に電源2口以上あるし、23:00までやってるし最高に近いんだが、唯一の弱点として、飲みものが最低税込864円かかる(ご飯を一緒に頼めば-324円)。

人気のネカフェは入れないと思え

行こうと思ったのはCUSTMA CAFEなんだけど、夜中2時に行ったら2人席しか空いていなくて2人分と言われてすぐさま踵を返した。

rakutama.com

結局王道のゲラゲラに行った。

www.geragera.co.jp

1日過ごすのにかかったのは2,880円

【コスト】
650 + 500 + 1,738 = 2,888

【時間】
20:20〜8:30(12時間)


【時間単価】 約240円/時

あれ・・・御徒町のダンディの方が安いんじゃ、、、(察し)

まとめ

一番安く過ごすのは朝までやってるコメダとかで過ごすのがいいと思うが、体おかしくしそうなので毎日これでも大丈夫というものを選んだ。

まぁカプセルホテル直行でもいいんだが、ドリンクも飲めるし、仕事詰まったらマンガや雑誌も読めるし、作業スペースも確保できるし仕事メインでこの価格ならいいのではないかと。

わけあって久しぶりにこんな生活をしたが、とても楽しかった。
明日もやろうと思った(本気?)。

追記

実際次の日の仕事は午後から強い眠気に襲われて定時で上がって実家で寝た。

作業するならもうダンディ一択かなと思った。

次は新宿でダンディくらい最高のカプセルホテルに泊まって作業効率を調べてみたい。

オワオワリ。