読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たくろぐ!

28歳プログラマーの思うことと備忘録

Best Book of this week【ABM 究極のBtoBマーケティング】

今週の総括

ちょっと本業が立て込んでいて
本を読む時間が取れなかった

今週は1冊のみ

超反省する

ABM 究極のBtoBマーケティング

★★★★★★★★☆☆[8/10]

マーケやってるのでちょっと前に
アメリカで流行ったABMについての本

日本ではまだまだ浸透していないけど
ABMというのは
A・・・アカウント B・・・ベースド M・・・マネジメント のことで、要は
大口の法人顧客(アカウント)を
中心とした(ベースド)
顧客管理(マネジメント)をしましょう
という趣旨の本だ

新規顧客を獲得するコストは
既存顧客を維持するコストの5倍かかる
とする1:5の法則や、
5%の既存顧客離れを防げば
25%の利益確保が望めるとする
5:25の法則などとも関連性が深い

そして営業部門とマーエティング部門というのは
どこでも対立していて全く異なった性質の
人たちなのだということも痛感させられた

僕の意見としては大前提として
営業部門はあったほうがいいとは思う

結局ビジネスのみならず
人間関係や信頼感というのは
最後は人対人だし、 Face to Faceだと思う

空気を読む能力や
高いコミュニケーション能力、
気が利く配慮ができる人が
営業部門にいて最後の一押しを
してくれたらどんなに頼もしいか
想像に難くない

しかし日本人は特にそういう
ソフトの力に頼り切っていて
データや設備などのハードの力を
軽視してきたと思う

したがって市場調査のような
データを駆使したマーケティング
できる人が少ない

営業部門に権限が集中するのが
日本の会社であって
マーケティングに集中しているのが
外資系の会社なのだ

ABMはそういう意味で
大口顧客に絞ったマーケティング
を重視した考え方で大手企業の
マーケ担当者には一読の価値がある

ぜひ日本の営業至上主義から
脱却してマーケ全盛時代に
入って欲しいと切実に思う

特に中小こそ外部からデータ
買ってでもマーケやる人増やした
ほうがいいYO!!!!

ほんと日本人って世界的に
見てもいい意味でも悪い意味でも
変な人種だと思うわ

一人でもマーケティング
好きになってくれる人が
増えればいーな!!!