読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たくろぐ!

28歳プログラマーの思うことと備忘録

Yahoo!プロモーション広告を使ってみたYO【YDN】

Yahoo!プロモーション広告を使ってみた

会社でマーケ担当してるんで
PPC広告とかランディングページの
勉強を始めた

まずはYahoo!プロモーション広告に
関して実際に触ってまとめてみた

まずはYahoo!ビジネスセンターに登録する

Yahoo!が運営する広告を配信するには
Yahoo!ビジネスセンターに登録する必要がある

僕は以前Yahoo!のサービスを使って
物販をやったことがあるので
ビジネスセンターは登録済みだったが
プロモーション広告をするには
メールアドレスが無料のものだと
ダメらしく会社のメールアドレスを
再登録した

審査があるわけではないので
登録したメールアカウントで
承認するとすぐに使えるようになった

たぶんビジネスセンターにまだ
登録していない人はYahooのオペレーターと
電話して登録することになると思う
少なくとも2,3年前まではそうだった

ちなみに登録すると
本人確認書類の提出があるYO

Yahoo!プロモーション広告の種類

Yahoo!プロモーション広告には大きく分けて3つある

f:id:takkuso:20170401194916j:plain

公式ページには以下のように書いてある

リスティング広告」とも呼ばれる検索連動型広告
ヤフーの検索結果ページや主要提携サイトに広告を掲載

簡単に言えば、yahoo検索の検索結果に
テキストのみで表示される広告掲載手法だ

一本釣りをイメージするといいかも
キーワードを決めてそのキーワードを
検索したユーザーがターゲットになる

緊急性を要するニーズを狙って
一本釣りするので顕在顧客への
アプローチを得意とする広告手法ということ

AISASというマーケティング用語があるが
ユーザーの購買フェーズの手法として

A・・・Attention
I・・・Interest
S・・・Search
A・・・Action
S・・・Share

のフェーズがあるとすると
このスポンサードサーチは
後半のS-A-Sまでをカバーする

  • Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)

続いて勝手にYahoo!プロモーション広告の
キモだと思っているYDNについて

公式ページには以下のような記載がある

ヤフートップページへの掲載など、圧倒的な広告の表示機会を誇る広告サービス。
料金は、広告がクリックされた分だけ

簡単に言えば、ブログ(コンテンツページという)
とかに表示される広告掲載手法ということ

こちらは投網漁をイメージするといいかも
キーワードを決めるというより
ペルソナを想像してそのペルソナに対して
広告を配信していく手法だ

こちらは緊急性を要するというわけでは
ないがAISAS理論で言う前半のA-Iを指すので
潜在層にアプローチする広告手法だ

これは僕は使ったことないので追記予定だが
公式ページには以下のような記載がある

自社運用可能なヤフーのTwitter広告。
Twitterのタイムラインや検索結果、おすすめユーザー欄に広告を掲載

あとで追記するYO

YDNの種類

Yahoo!プロモーション広告に
関しては上記に述べた通りだが
続いて3つの大きな広告のうち
YDNについてフォーカスしてみる

詳しくは以下のリンクがわかりやすい

promotionalads.yahoo.co.jp

YDNにはさらに3つの広告手法があり
インタレストマッチ
ターゲティング
インフィード広告
がある

それぞれについて説明していくと

登録した広告とインターネットユーザーの興味関心に関連性があるときに広告を表示する広告掲載方式です。

とある通り、簡単に言えば
ユーザーの「興味」や「関心」を切り口として
広告を配信していく手法になる

具体的には、ユーザー
- 現在閲覧中のページ
- 過去の閲覧履歴
- 直近の検索キーワード
に関して適合する広告
配信していく(マッチング
という仕組みになっている

このインタレストマッチのコツは
いきなり高いクリック単価にしないこと

10円以内など低く入札して
すこしずつ高くしていくのがミソ

  • ターゲティング

ターゲティングしたユーザーに対して広告を表示する広告掲載方式です。

ターゲティング(広告)は
上記のインタレストマッチ
できることに加えて、
- サーチターゲティング
- サイトリターゲティング
- プレイスメントターゲティング
の3つの切り口で広告を
配信することができる

  • インフィード広告

この広告配信手法は公式の説明が
わかりやすいのであえて言及しない

スマートフォンに最適化されたYahoo! JAPANのトップページをはじめ、タイムライン形式のページに広告を表示する広告掲載方式です。
広告掲載面のデザインにあわせて、広告のレイアウトを最適化して表示します。

簡単に言えばスマホ特化型の
広告配信手法ということ

ターゲティング広告と同様、
サーチターゲティング、
サイトリターゲティング、
プレイスメントターゲティング
の3つを切り口として使える

一方でインフィード広告は
サイトカテゴリーは選ぶことができない

これは僕なりに考えると
(まだ使ったことないからw)
スマホ特化なので
Yahoo!関連のサービスで
記事中にスポンサード記事の
ように配信するからなのかな
と思った

よく言えば戦略PR、
悪く言えばステマ的なやつ

いろいろ説明したけどさ…

結局自分の商品やサービスを
最適な方法で売っていくには
仮説を立てて戦略的に売っていくに限る

闇雲にお金をかけても
確かに成果が出るけど
目指すのはクリック率を高く、
クリック単価を安くすること

これに限るので
まずはターゲットやユーザーの
嗜好を絞らず配信してみて
徐々に戦略に落とし込んで
ターゲットや嗜好を絞っていく
という運用がいい

まとめ

とりあえずまとめて満足せずに
身銭切ってマスターする

それが一番の近道!

最近よくいろんな社長に会うから
思うんだけど「英雄色を好む」って言葉
あまり好きじゃないんだよね

孫さんが女好きで
(いや、好きまでならいいけど)
はべらかしたり人を悲しませる
人だったらマジで起業家に
なりたいと思わなかっただろうな〜

ほんと孫さん大好きだわ

まずは身近な人から幸せにする

話はそれからだ(ドヤ)