読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

googleとtakkuso

takkusoがgoogleに入るまでの記録をしていきます

汐留のツインパークスに住んでる人に会ったよ

最近仲良くなった人に紹介された人

最近朝活で知り合った人から
その人が尊敬する人でぜひ会ってみてと
言われたので会ってみた経験を。

体験したというよりは まったく理解を 超えていたのだが
あ、ありのまま 起こった事を話すぜ!

忙しい人だというんで21時から2時間ほど
待ったんだが会って15分くらい話して追い払われたんだ

な、何を言っているのか わからねーと思うが
おれも 何をされたのか わからなかった

とにかく変な経験だったぜ

眼前には東京タワーがそびえる最高の立地

ジョジョネタはさておき、
その日21時にその知り合いと
落ち合う約束をして
その人が尊敬する人にぜひ会わせたいって
言われたからその人が時間がとれる
23時前までカフェで話をしてから
汐留のツインパークスの31階に行ってみたんだ

脇のエントランスから入って
折りたたみ式のソファのあるエレベータで
31階まで上がりエレベータを降りると
眼前にはカーペットが敷かれい
まさにホテルを思わせるタワーマンションだった

廊下も長く外資系ホテルのような雰囲気
が漂っていてまさに成功者の住む
場所という印象を持った

年収6,000万の人のオーラ

会ってくれた人はラフなTシャツ、
ジーンズをはいていて、
ジェルで固めたヘアはオールバック
小麦色に焼かれた肌がボディービルダー
のような風貌の人だった

何をしているのかはよくわからなかったが
年収は6,000万くらいあるって知り合いが言ってた

部屋は薄暗く、小綺麗に調度されたインテリアが
ムーディな空気感を演出していた

窓の外にはビルの小さな明かりと
眼前にドンとそびえる東京タワーが夜の魅力を
よりいっそう引き立たせていた

その人とは目標設定とか好きな本とか
の話をしたんだけど
正直そのとき話したことよりも
この景色を見られるライフスタイルって
かっこいいなと思えたことの方が
いいモチベーションになった

ツインパークスの魅力は正面エントランス

そして実は一番驚いたのは正面のエントランス

その成功者と別れ、
入るときは三重のセキュリティを
通過しなければいけない正面エントランスを
通って帰路へ立ったのだが
迷路のような広くて長い廊下は
大理石でできていて壁も自分の姿を映し出し
キラキラ反射していた

また3メートルはあろうかという高い天井と
その天井まで届くほど大きな自動ドアなど
外観からは想像できない豪華な内装が施されていた

ここに来る機会があったら
間違いなくここを通ることになるはず

誰もが驚くにちがいない

間取りも家賃もピンキリでいろいろな人が住んでいる

このツインパークスは調べると
階や部屋の大きさによってピンキリで
若い人やサラリーマン家庭でも住めるようだ

実際に正面エントランスを通ったときに
すれ違った人は若いカップルのような人だったし
平日朝もここを通ることがあるのだが
実際にサラリーマンの方がエントランスを
出る姿を何度も見たことがある

何が言いたいかというと
この汐留の一等地にあるタワーマンションは
それこそ僕が会ったようなザ・成功者のような人も
真っ白な髪が小綺麗にまとまった老夫婦や
それこそ周りより少しだけ給料が高い
大手企業のサラリーマンのような人も共存して
住んでいるマンションだということだ

タワーマンションというと
間取りなんかはだいたい同じで
家賃などもだいたい同じなんだろうと
勝手に思っていた

収入格差があったり、
生活水準が違うとコミュニティの形成にも
障害になるだろうし
トラブルのもとになりそうだし

でもこのタワーマンションは
多種多様な人が住んでいると思わせられたし
いい意味で期待を裏切られた

こういうマンションもあるんだと新鮮だった

まとめ

  • 老若男女が住む汐留の47階建てタワーマンション
  • 最寄りは汐留駅、新橋駅や浜松町駅も徒歩圏内
  • 地下から行けばほぼ濡れずに新橋駅まで行ける
  • 生活の便はそれなり、ちかくにマルエツプチがある
  • イタリア公園がある
  • シオサイト内で周囲は閑静
  • 事故物件あり

もっと詳しい話はコメントにて

とりあえずこれから毎日日記書こうと思う