たくろぐ!

29歳プログラマーの思うことと備忘録

Best Book of this week【上京物語】

今週の学び

- 脳をだますのが大切

今週読んだ本

結果を出せる人になる!「すぐやる脳」の作り方 茂木健一郎

★★★★★★☆☆☆☆[6/10]
美容院の方に茂木さんを勧められて読んだ本
一番有名な脳を活かす勉強法という本は
以前学生のときに読んだが
全くおもしろくなかった印象があった
近いうちに再読したいと思う
こちらの本は今まで知っていたことばかり
だったのでそれほどおもしろいと思わなかった
頑張らないで習慣化させる
特定の目的を持たないクリエイティブを養う
ベストエフォート(最善努力)方式
脳に負荷をかける
即興トレーニング
ゲーミフィケーションなどで自分に制約をかける
時間は圧縮するほど量だけでなく質も上がる
行動から全ては始まる
自己評価の高い人は金メダルでも悔しいと思える
ナルシズムは他者からの評価が価値となっている
インターステラーはクリエイティブ業界の人に人気
締め切りを持つ
受け身になるとやらされているという意識が増す
内面化する(能動的に動く)ことで前頭葉を鍛えられる
自分と対話する
小さな成功体験を積み重ねてちゃんと喜ぶ
フロー理論 ミハイ・チクセントミハイ
何事にも意識付けをする「3人のレンガ職人」
サプライズを演出する

手紙屋 喜多川泰

★★★★★★★☆☆☆[7/10]
就活のときの話
成長ドラマで楽しかったけど
残念なのは展開が読めてしまったこと

自己革新 ガードナー

★★☆☆☆☆☆☆☆☆[2/10]
難しすぎ
くそつまらなかった

猫にかまけて

★★☆☆☆☆☆☆☆☆[2/10]
1983年に芥川賞を受賞した町田康の小説
友達に勧められて買ってみたが
文章が長くて難しかった
純文学なので仕方ないと思ったが
自分には合わないと思ってしまった

なぜ女は男のように自信をもてないのか

★★★★★☆☆☆☆☆[5/10]
女性は男性に比べて自信が持てないことの
理由をわかり「にくく」書いてある
個人的にはもっと簡単にかけるんじゃないかと思った

ポイントは反芻と完璧主義ということ

プラトー現象(plateau effect)

この本の中でブラウン・タネンバウムの
コミュニケーション論の話があったが
以前TEDでエイミー・カディの
「ボディランゲージが人を作る」という
講演を思い出した

www.ted.com

ブラウン・タネンバウムの授業の
生徒たちのなかには
女性のようなポーズや振る舞いをした男子生徒は
「居心地が悪かった」という一方で
逆に男性の振る舞いをした女子学生は
「王様になった気分!」という回答をした

エストロゲンの効果は
危機回避能力に役立つ
女性ファンドマネージャーは長期運用で
男性の3倍の利益につながり
かの悪名高いリーマンショックでは
その失った額が極端に低かった

上京物語

★★★★★★★★★☆[9/10]
かなりおもしろかった
かんたんに要約すると
祐介という主人公の一生のストーリーが
書かれた小説を上京するときに父に
渡され生き方について考えることになった
祐輔の話だ
そこでは人の人生を生きていちゃいけない
ということや
安定とは自分で変えられることを努力して
変えようとしている状態であること、
失敗しない人生=予想通りの人生はつまらない
ということなどを学ぶ
そして最後に16冊+αの本を紹介して
この本は終わる
最初こそ祐介の話がたんたんと続いて
いつ自己啓発論が展開するのか
心配になったが本の半分ほどから
祐輔の話になってここから話が急展開する
小説の体裁ながら自己啓発的な内容が濃く
現状に満足できていなかったり
漠然とした夢だけが一人歩きしているような
人におすすめしたい

トップ1%の人だけが知っている「お金の真実」

★★★★★★☆☆☆☆[6/10]
さらっと読んだけどそれほど新しい発見はなかった
キャッシュフロークワドラントの話とか
会社作ろうよ!とか日本やばいよ!とか
あまり体型立ててなかったのも残念
ただ言ってることは正しいし
サラリーマンしか経験したことない人とかには
目からウロコかもしれないし
おもしろいのかなと思ったのでこの評価だった

1日10分であらゆる問題がスッキリする「ひとり会議」の教科書

★★★★★★★☆☆☆[7/10]
最近なんとなく自分との対話が
必要かなと思っていた最中に
知り合いに紹介された本
一人会議をするにあたって
型を紹介してくれてやってみようと
思わされたし著者の人格も
なんとなくだけど理解できたので
よかった

親との会話

親との関係性

僕はかなりドライな家庭で育った
長男である僕に愛情がなかったとは
(理屈的には)思わないが
(感情的には)思えなかった

小さい頃からほかの家庭が
羨ましかったし
今でこそ少しは家族のことを
理解しようと思うが
当時(少なくとも学生時代まで)は
こんな親の元に生まれて不幸で
仕方がなかった

それでもよかったことは
たくさんあってそれには感謝したい

それは
テーブルマナー
家事を手伝うこと
早く寝て早く起きること 規則正しく生活すること あいさつをすること
歯を磨くこと
野菜を食べること
などだ

僕は親に似て頑固だったので
それを認められずに親に甘え
求め過ぎていた

でもようやく理解できるように
なって早めに親孝行をしたい
と思ってまずはその第一歩だと思い
食事に誘ったというわけだ

親との関係に悩んでいる人の
助けになればこれ以上の
幸せはない

みなさん、3/20は空いていますか?

もし時間があれば家族でご飯を食べましょう

場所は恵比寿のもつ鍋やさんで20時頃を予定しています

それではみなさまのご返信をお待ちしております

父母は、昼間練馬までオペラを見にいくので、都合はいいのですが、もう少し早い時間の開始(18時かせめて19時)を希望します。帰れなくなっちゃうからねえ。

弟のところに泊まろうかな?

ところで、突然だけど、なにか重大発表でもあるの?

重大発表でもないと家族でご飯も食べられないのでしょうか

原因は僕にもあるかもしれませんが 僕は家族が仲良くできていない現状が とても残念だと思い少しでも理解し合える機会を 作ろうとしているだけです

それが僕自身のためでもあります

今回はお店の都合なので 時間は合わせられませんが ご希望であれば別日程でなら承ることができます

みなさまのご都合がつく日を教えてください

僕は今月は19日、26日は空いています

現状に満足していないのは僕の主観なので お二人が今で満足しているのなら 会う必要性もないかと存じます

そういうことであればお手を煩わせるのも 申し訳ないので返信は不要です

以上よろしくお願いいたします

takkusoが、家族との関係を考えて設定してくれたこと、父も母もとても喜んでいます。
提案の日程で、了解です。
決まったら、場所や店名をお知らせください。
当日は私からも報告があります。

今日弟と話した内容を送ります

おはよう。
録音聞きましたが、雑音でたぶん8~9割は聞き取れませんでした。
でも、
「両親は、社会貢献など他人を支援するのに、takkusoを助けてくれなくて悲しかった」というところは、なんとなく聞こえました。
もし、受け取り方が違っていたら、訂正してください。
takkusoはシャイなので、きっと言いたいことや甘えたいことがあっても、我慢していたのかも知れないし、そうさせてもらえない父母の態度があったのかも知れませんね。
その辺のことも会った時に、弟との時のように、話ができればいいと思っています。

では、20日に。

おはようございます

僕が悲しいということもありますが
昔の僕は性格の面でとても損をしていたと考えることが
よくあってその原因が親の頑固さにあると思いました
そういう両親がなんだか悲しかったんです
別にこれは僕が思ったことだし
お二人がそう思われるのは心外だと思うかもしれません
ただ僕もいい大人なのでいまさら親が頑固だったから
人生無駄をした!と言う気もありませんし
親を恨んでいるわけでもないです
お二人の考えがあってのことだと思って否定的ではないです
でも事実として子どもは親の影響を受けやすいですし
多感な時期に受けた影響が最近になるまで克服できなかったのは
本当に時間がもったいなかったなと思います
僕はよく不器用だと言われることがありますが
僕はそれを認めてから変わることができました
以前は不器用だから強がるし、人によく見られたいから
完璧主義で、理想の自分とのギャップに悶々として
自己肯定感が低かったんだと思います
でもそんな僕の親や環境に縛られた第一の人生はすでに終わりました
20日会えることを楽しみにしております